東京ガスからENEOS都市ガスへの切替方法と流れについて解説!

トップ画像

こんにちは、ブログ担当の内海です。

これまで我が家では電気とガスの両方を安くするべく、色々比較してきましたが、最終的には両方共ENEOSへと切り替えることとなり、切り替え方法とその流れについて解説してきました。

関連記事:

今回の記事では、東京ガスからENEOS都市ガスへと切り替える方法とその流れついてご紹介していきたいと思います。

目次

スポンサーリンク

1.ENEOS都市ガスのホームページから申し込み

申し込みはこちらのページからできます。

Info:
ENEOS都市ガスはまだ開始されたばかりなので、供給エリアはまだ首都圏などの狭い範囲に限られています。
現在の詳しいエリアについてはこちらから確認してください。

ENEOS都市ガス申し込み画面
このページからENEOS都市ガス申し込みを開始

申し込み画面へ行くと、このように3つの申し込みボタンが並んでいます。

我が家の場合は既にENEOSでんきを契約しているので真ん中のボタンから申し込みしていきました。

申し込みをスムーズに進めるために下のものをまず用意しましょう。

  • ガスの検針票
  • 支払いに使用するクレジットカードまたは口座情報
ENEOS都市ガス申込画面
ENEOS都市ガス申込画面

申込画面はこのような感じです。

住所、氏名や現在契約のお客様番号(検針票に記載)などの契約者情報を記入したあと、支払い方法の登録をしていきます。

もし、検針票が手元になく、お客様番号がわからない場合は東京ガス契約の方ならmy TOKYOGASのページへログインし、画面右上にある「マイページ」へ移動すれば番号を確認することができます。

東京ガス契約中ならmyTOKYOGASからお客様番号を確認できる
現在東京ガス契約中ならmyTOKYOGASからお客様番号を確認できる
内海

申込時に「供給地点特定番号」という項目を記載する箇所もありますが、必須項目ではないので分からなければスルーでも大丈夫ですよ。

2.直後にENEOS都市ガスからメールが入る

必須項目をすべて記入して登録すると直後に以下のようなメールが送られてきます。

ちなみに我が家が申込みをしたのは6/24(月)の夜でした。

お客さま各位
【お客さま番号】************(番号は伏せています)

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。
ENEOS都市ガスのお申し込みのお手続きをお受け付けいたしました。
お客さま番号は、お電話等でお問い合わせいただいた際に、確認用として使用させていただく場合がございますので、お手続き完了まで大切に保管をお願いいたします。

6/24に来たENEOS都市ガス申し込み受け付けのメールより

申し込みを受け付けしたとの旨が記載されています。

あとはENEOS側で契約変更の事務手続きをしてもらい、ガスが切り替わるのを待つだけです。
なお、電気のときと同様に今まで契約していたガス会社へは自動的に解約されるのでこちらからは何もする必要はありません。

その11日後(7/5金曜日の朝)にこのようなメールが来ました。

お客さま各位
【お客さま番号】************(番号は伏せています)

この度はENEOS都市ガスをお申し込みいただき誠にありがとうございます。
ENEOS都市ガスのお申し込みのお手続きが完了いたしました。
詳細はENEOS都市ガスページにてご確認をお願いいたします。
https://www.eneos-gas.jp/portal/action/login
※ログインIDおよび初期パスワードは、別途郵送する「ENEOS都市ガス ご使用開始のお知らせ」にてご確認ください。

今後ともENEOS都市ガスを末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

7/5に来たENEOS都市ガス申し込み完了のメールより

どうやらENEOS側の手続きは順調に進んでいるようです。

あとはENEOSから送られてくる「ご利用開始のお知らせ」の封筒がポストに投函されるまでは何もしなくて大丈夫です。

ですが、一つ疑問が。

内海

あれ?いつから利用開始されるんだろう?

3.ご利用開始日のお知らせが封筒で送られてくる

ENEOSでんきのときはこのタイミングで利用開始日というのがメールに記載されていましたが、今回はその記載がどこにもありませんでした。

そう思っていると、5日後の7/10頃、ENEOSからポストに封筒が届いていました。

内容はご利用開始日の日付が記載されており、7/31からとなっていました。

内海

ENEOS都市ガスの場合は利用開始日のお知らせをわざわざ書面で送ってくるんですね。

4.迎える利用開始日当日

東京ガスからENEOS都市ガスへと切り替わる7/31日になりましたが、ENEOSでんきのときと同様でガスが不通になる時間や工事等もなく、通常通り使うことができました。

内海

当日は切り替え完了のメールなどもありませんでしたが、問題なくENEOS都市ガスの利用が始まっていますので、安心してください。

5.ENEOSから再び封筒が届く

ご利用開始日の7/31日から12日後の8/12にENEOSからご利用開始のお知らせと記された封筒が届いていました。

内容は契約内容とお客様ページへのログインIDと初期パスワードが記載されていました。

この情報を元にENEOS都市ガスのお客様ページから、IDと初期パスワードを入力してログインすると、すぐにパスワード変更のページになるので、ご自身で管理できるパスワードに変更すればOKです。

ENEOS都市ガスお客さまページ
ENEOS都市ガスお客さまページ

お客さまページにログインが成功すると、このようなページが表示されます。

その後、ENEOSカードや特別提携カード以外での支払いの方は、マイページ内にある「Tポイントご利用状況」というページにて忘れずに利用登録をしておきましょう。

税抜200円ごとにTポイントが1ポイントもらえますよ。

現在下記キャンペーンは終了しています。

また、 2019年8月現在「でんき・ガス加入特典」というキャンペーンが行われています。

ENEOSでんきとガスを別々に契約した方は、マイページ内の「ENEOSでんき情報登録」というページから電気とガスを紐付けさせないとこのキャンペーンの特典が適用されないので、こちらも忘れずにやっておきましょう。

Info:
「でんき・ガス加入特典」は、でんきとガスをENEOSで契約することでガス代が毎月600円(税込)×5ヶ月=最大3,000円(税込)割引になるお得なキャンペーンです。
2020年3月31日までに電気とガス両方の契約が、同一の使用場所、契約名義、かつ同一の支払方法でキャンペーンに申し込みしてあることなどの条件がありますが、それほど厳しい内容ではないので難なく特典を得られると思います。
詳しくはよくあるご質問より「9 割引について」→「「でんき・ガス加入特典」について教えて。」を参照してください。

6.まとめ

ENEOS都市ガスの申込みから利用開始までを表にまとめました。

日付出来事
6/24(月)ENEOS都市ガスに申し込み
同日「ご利用開始手続き受付のお知らせ」のメールが届く(自動送信メール)
7/5(金)「申し込み完了」のメールが届く
7/10(水)「ご利用開始日のお知らせ」の封筒が届く
7/31(水)ご利用開始日当日
8/12(月)お客さまページへのログイン情報などが記載された「ご利用開始のお知らせ」の封筒が届く
申込みからご利用開始の封筒が届くまで約1ヶ月半かかった

7.さいごに

ENEOS都市ガスの申込みから利用開始までの流れを解説していきましたが、いかがだったでしょうか?

ENEOSでんきではおよそ半月ほどで利用開始されましたが、ガスの方ではおよそ1.5ヶ月もかかりました。

同じENEOSでも電気とガスで大分違ってくるんですね。

ENEOSでんきの記事でも書きましたが、やはりこれだけ時間がかかるのであれば、ガス利用開始までの進行状況が随時分かるようなページなどを用意して欲しいなーと思いますね。

では、最後までありがとうございました。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です